SEO OK!



タグ:SEO対策 ( 17 ) タグの人気記事


SEO対策の常識

b0121166_18102421.jpg



Eコマースの「レコメンド機能」が SEO にも役立つ理由

Googleアドセンスで稼ぐ!

WEB制作者サポート・・・ビギナーのホームページ作成支援

ホームページ作成支援ソフト&ブログSEO対策

SEO を行う上で、外部リンクを集中的に強化するサイトが数多く存在しているが、それだけが SEO ではないことを第1回で説明した。

内部リンクもまた重要な役割を担う。今回は、SEO における内部リンクの役割とそのポイントを解説し、例としてEコマースサイトにて多く利用されるようになったレコメンド機能の活用方法を説明する。

まず、SEO において内部リンクはどのような役割を担っているのだろうか。内部リンクを適切に設置することで得られる効果としては、大きく分けて次の2点が挙げられる。

1.検索エンジンがサイト内を巡回しやすくなる
検索エンジンはリンクを辿ってページを巡回していく。
その為、検索エンジンに、サイト内の全てのページをも
れなく巡回・認識してもらう為には、全てのページへのリンクが
設置されていることが重要になる。

つまり、サイト内の主要なページへのリンクとしてグ
ローバルナビゲーションやサイトマップは必ず設置しておきたい。
また、サイト内の詳細な下層ページへのリンクとしてローカルナビゲーションやパンくずリストが設置されていると理想的である。

2.検索エンジンがテーマ性を認識しやすくなる
また検索エンジンは、設置されたリンクに記述されている文言である、
アンカーテキストとそのリンク先ページの内容とを関連付ける。
その為、あるページへリンクを設置する際には、
そのページの内容を適切に示した文言でリンクを設置することが重要だ。

例えば、Eコマースサイトで商品詳細ページへのリンクとして「詳細はこちら」というリンクをよく見かける。

しかし、これでは検索エンジンは、
リンク先ページが「詳細はこちら」について書かれているページであることが認識できても、
それが健康食品の商品ページなのか、家電製品の商品ページなのかは認識できない。
その為、この場合は詳細商品名にリンクを設置する必要があるというわけだ。

そして、このようにリンク先ページの内容を的確に示したリンクを辿ることで、
検索エンジンはそれぞれのページのテーマ性を認識しやすくなるのだ。

ここまで、SEO における内部リンクの基本的なポイントを押さえたところで、
Eコマースサイトによくあるレコメンド機能を内部リンクの改善ポイントとして紹介したい。

レコメンド機能とは、過去の購入履歴をもとにユーザーの興味や関心を一定のルールで分類し、
同じ商品に関心を持つユーザーに対してお奨め商品として提示する機能を指す。

Amazon の「この商品を買った人はこんな商品も買っています」として表示されている
関連商品がそれに該当する。
このレコメンド機能が優れている点としては、
ユーザーの購入モチベーションを軸としている点である。

例えば Amazon で「新生活」と商品検索してみる。
すると「新生活」というキーワードが含まれた商品が一覧表示される。
ただしこれは、あくまで「新生活」というキーワードが含まれている商品で、
「新生活」の為に必要であろう商品が表示されているわけではない。

一方「新生活」に必要な商品、例えば収納家具などを調べてみる。
そして、そのページの「この商品を買った人はこんな商品も買っています。」に表示されている商品をみてみると、
掛け時計やラック・ゴミ箱など「新生活」の為に必要であろう商品が表示される。

このようにレコメンド機能は、キーワードを軸にした関連リンクではなく、
ユーザーのモチベーションを軸とした関連性の高いリンクを表示し、
検索エンジンに対して Web サイト内の様々なカテゴリに存在している商品を
横ざしにしたテーマ性の強調が可能になる。

つまり、あらかじめ想定しきれないユーザーの様々な検索キーワードにも対応することができるようになるのだ。

さらに、ユーザーに対しても購入モチベーションの高いリンクをいち早く表示することが可能であるため、コンバージョンの向上にも繋げられる。

以上のことから、より多くの商品をユーザーに購入してもらうことが、
SEO を行う目的であると想定されるEコマースサイトにおいて、
レコメンド機能は非常に効果的であると考えられる。

あなたのサイトにおいて、効果を最大限に発揮できる
内部リンクの施策とは何なのか、またその施策を行うことができているだろうか。
あなたのサイトの内部リンク施策を見直してみてはどうだろうか ?
著者: 株式会社アイレップ プリンター用 記事を転送

と当然のことである。

ここではamazonを持ち家いるがGooglアドセンスは・・・?
もちろんのところ・・・ロボットは巡回する!

Googleアドセンスで稼ぐ!

WEB制作者サポート・・・ビギナーのホームページ作成支援

ホームページ作成支援ソフト&ブログSEO対策

YouTubeの便利な使い方!
[PR]
by ais2008 | 2008-04-27 18:10 | SEO対策

ブログのSEO対策

前回まではWEBサイトとブログを一緒に説明したら・・・
・・・ブロガーの方に分かりにくいと不評が・・・??

そこで、無料ブログを使っている方のために!ブログのSEO対策の基本をお伝えします。


キーワードの決定まずは、キーワードの徹底・・・キーワードが自分のブログに適しているかを
検索して・・・決定してください。

検索方法
WEB SUPPORT FREEからキーワードアドバイスツールプラスで
自分の設定してるキーワードを入力

GoogleとYahooの検索でよく使われるキーワードが表示されます。

その中から自分に一番合ったキーワードを選択します。

ブログの設定でタイトルを変更・・・もし、記事投函時にキーワードを
入力する部分があったらそれを入力する。


相互リンク
サイドバー(プラグIN)にリンク先を登録。
記事内にもリンク先のリンクを貼る。
・・・キーワードの整合性がないリンクは無効です。

もし、なければYahooブログかGoogleのBleggerでブログを開設して
同じキーワードで・・・同じ記事でもOK!・・・相互リンクをする。

トラックバック
やはり、キーワードの整合性のあるブログにトラックバックをする。

PING送信
やたらに数多く送っても意味がない。
できれば・・・PING無料送信サービスに登録する。

デザイン
SEO対策スキンを使う・・・2つ同じブログを作るなら、お好みのスキンのブログと
SEO対策用スキンを使うブログと区別すればよい。

SEO対策スキンの見分け方
スキンのカスタマイズ画面のCSSの画面で<h1><h2><h3>と
記載されてるものがそうである。

ちなみに、h1はWEBでも同様。1番先に検索ロボットがキャッチする
キーワードです。

独自ドメイン
LIVEDOORなどのSEOが・・・?のサービスでは、特に有効である。

もし、ブログでSEO対策が面倒ならYahooブログを使うのがてっとり早い!
ブログ選びは・・・ブログサイトは・・・どこのブログサイトを参照してください!
(一番最少のページ・一番古ページ)

それでも・・・更にSEO対策をして、検索上位をお望みの方は
ブログアクセスUPのノウハウ・・・メルマガを購読してください。




[PR]
by ais2008 | 2008-04-23 19:41 | SEO対策

SEO対策・・・無料ブログの威力を知れ!

今回は前回の続きで以下の項目に対して、SEO対策を解説します。

4、検索エンジンの登録(Yahooでは、カテゴリの登録)によるSEO対策
  (カテゴリに登録できなくてもYahoo検索エンジンの登録)
  (Googleサイトマップの制作と登録)WEB SUPPORT FREEツールより作成可能
5、独自ドメインの取得とキーワードを活用によるSEO対策


4の検索エンジンの登録これは、無料ブログの場合は、必要ないと思われがちだが、WEBサイト同様にYahooでは簡単にできる。
Yahooのホームページ→アクセスUP大作戦→1ホームページを宣伝しよう→ロボット検索のへの登録。
また、Yahoo Japan 新サービスログールがブログライターには有効なSEO対策となる。

Googleの場合は、アカウント→ウエブマスターとなる。ここでの確認作業が、ちょっとよっやかいですが、WEBサイトの方は、自分のTOPページに指定のタグを貼り、確認を行えばいいのです。
Yahooのカテゴリ登録は、商用は有料である。私の個人サイトの商用サイトは、一度も登録したことがない。
要するにカテゴリ登録は、直接の検索エンジンロボットの検索とは関係ない。

Yahooの場合は、上記の登録を「企業が休みの休日に毎週行うと・・・?」
という話も聞いてことはあるが、その実は、私には説明が不可能だが、新たにページを更新した都度に行う必要はあるだろう。

海外のディレクトリ登録は、かなりSEO対策に有効である。

Googleには、サイトMAPを作成し、そのサイトMAPにロボットの巡回回数を指定できる。
WEB SUPPORT FREE で、サイトMAPは簡単にできる。

次に5、であるがここは、独自ドメインの方が有利であり、ここもキーワードと同じくすることを勧める。短い方がロボットも読みやすい。
そして、レンタルサーバーのスピードは、ある程度高速なサーバーを必要とする。
サーバーには、原稿の種類をフォルダーごとに整理することをお勧めする。

ちなみに私は、カゴヤで1Gで、ほとんど対応してる。
その辺の実際のレンタルサーバーリストもWEB SUPPORTにて、掲載されている。

様々なキーワード設定ツールがブログライターのためにも開発されている。
キーワードハンターで無料お試し中であるのでチェックすることをお勧めする。


当然、WEB SUPPORTでも行われている。
ですが、これらは、どんなキーワードが今人気であるか・・・?
ということであるので、決定はあなたの戦略となる。

SOHOの方々が、実際ここまでを位が、ご自分でできる範囲かと思われる。
ただ、無料ブログの威力は大きいことを知ってほしい。

そして、Googleをもっと知っていくのがこれからのビジネスには、最も重要なファクターであることをお伝えしたい。
WEB PERSONSで解説されるGoogle・・・!

ブログのことは、ブログサイトどこのサイト・・・?
SOHOのHP制作は AIS WEB SUPPORTで・・・!




[PR]
by ais2008 | 2008-04-13 12:51 | SEO対策

SEO対策をSOHO・サイドビジネスWEBオーナーへ

ブログとWEBサイトのSEO対策
SOHO ・個人の方・サイドビジネスの方へ

このBLOG SEO OK!を始めてから、多くの方から数々の相談を受ける。
「何故、私が判るの?」なんて方からもメールが届く!

そこで、レポートでも作ろうかと思ったが、
ここで、SOHO ・個人の方・サイドビジネスの方の
ブログ・WEBサイトオーナーのためにSEO対策は出来るだけ
正確に記述することにしました。

まず、ブログもWEBサイトも訪問者はYahoo・Googleで検索されることを
基本に考えての上でのSEO対策をご説明します。

ここでは、「何かを調べたい!」「・・・購入した!」と言う情報を得るため
に訪問者は、検索を行うと考えます。

SEO対策

1、キーワードの設定の徹底(WEBサイトは、タグの設定)によるSEO対策
2、相互リンク(同キーワード)ブログはトラックバック・RSSによるSEO対策
3、SEO対策テンプレートのデザインの考慮によるSEO対策
4、検索エンジンの登録(Yahooでは、カテゴリの登録)によるSEO対策
  (カテゴリに登録できなくてもYahoo検索エンジンの登録)
  (Googleサイトマップの制作と登録)WEB SUPPORT FREEツールより作成可能
5、独自ドメインの取得とキーワードを活用によるSEO対策

大きく分けて、この5に分類した。
取り止めWEBサイトもBLOGサイトともSEO対策は基本的に同様と考える。

当然、SEO対策の全部を同時に説明することは、不可能である。

まず、このサイトで、何回も述べてきたことであるが、
キーワードはWEB SUPPORT FREEのSEO対策ツールで決定してください。

のキーワードのSEO対策
基本的にどんなキーワードで多くの人が検索するか・・・?
逆の考え方としては、検索結果の少ないキーワードで、競争率の高い所を避けるか・・・?
そこは、戦略による成果が異なってくることでしょう?

そして、キーワードのメタタグの設定に同ワードを繰りかえすことによるSEO対策。
hxのタグを使う・・・!h1~H6・・・?
ただ、最低はメタタグのKeywordタグ・descriptionタグ入れよう。

ブログによるSEO対策場合にも、タグはある。
つまり静止画・動画にしてもファイル名・タグ設定が行える場合が多い。
ブログのタイトル・記事のタイトル・独自ドメイと徹底することが必要である。

ここまでで、お気付きの方もいらっしゃるだろう。
この文章には、「SEO対策」なるキーワードが徹底してある。
このブログでさえ「SEO OK!」で、YahooとGoogleの検索で1位である。
SEO OK!で、検索する方々のデータは、「SEO対策」の次に多いい。

つまり、このブログはPING送信を独自に毎日PINGサーバーに送っている。
WEBサイトは、Googleの場合は、
サイトMAPにロボットの巡回回数を指定できるが、
ピング送信の方が検索サイトエンジンには有効であるようだ。

ただ、ブログは一時的なものであるとされているが、
毎日同原稿を再投函したらどうなるのか?
ピング送信を毎日送ったらどうなるでしょうか?
そこで、無料PING送信サービスAIS WEBBUSINSS SUPPORTでは
データの蓄積を行っている。
彼らは、ただ無料のサービスをしているのではない。
研究開発を行っている壮大なスケールの目標を持っている
小さな在PHILIPPINES SOHOである。

そして、の相互リンクである。
1の考え方による同一のキーワードのWEBサイトとブログサイトの相互リンクは、
どうであろうか?
検索順位の上位のブログとのWEBページのリンクは、
キーワードの適合性の少ないサイトよりかなり有効な手段となる。
つまり、フリーの相互リンクサイトなどより、質の高いリンクとなる。

また、商用サイトをYahooカテゴリに登録するには、費用が掛る。
私は、個人的にこれらの手法が嫌いである。
それならスポンサーサイトで宣伝告知した方が、FALSHも存分に利用できるし、
何も気にすることのないデザイン・情報のサイトが制作できる。
そして、企業的信頼性も高く見える。

でも、投資が限られているSOHOなどは・・・・?
そこで、手間ではあるが、情報のみのサイトを
何かのリライト集で制作することをお勧めする。
1か月のレンタルサーバーは約2,000円の経費で済む。
もちろん、WEB制作が可能な方に限る。
ダミーサイトを制作しYahooカテゴリに登録すればいい。
もちろん、商用でなく情報サイトとしての無料である。
そのサイトの情報の一環として、メインサイトにリンクを貼る。
もしくは、登録完了後にリンクを貼る。

3、のデザインによるSEO対策では、
とにかく、個人ベース・SOHOの方々がWEBに投資できる金額は限られる。
だが、WEB制作会社からは、FLASHを多用したデザインを
薦められるであろうが、全くFLASHはSEO対策に関与しない。
まして、FLASHの多用は、トラブルの原因ともなる。
しかし、見栄えのいいサイトを当然発注者は望む。
WEB制作会社からすると売り上げも上がる。

シンプルなSEO対策の可能なデザインテンプレートがある。

ただ、ファッションアパレルなどの業界では、
WEBデザインは重要なファクターである。
私もデザイン性のないサイトは好まない。

ならば、資金のないSOHOや個人事業者・サイドビジネスの方は・・・?
WEBによるデザイン性は捨てることになる。

そこで、手っ取り早いのが、ブログでの記事サイトとの相互リンク。
そして、ダミーサイトとの相互リンクを行う。

無理して、デザイン性を捨てることはない。
SEO対策された検索上位の高い優良サイトからの相互リンクと徹底的なリンク戦略。

例えば、静止画にリンク・・・あらゆる所にデザインの施されたサイトに
誘導するリンクを貼ればいい。

つまり、情報提供サイト(Yahooカテゴリ登録可能なサイト)→SEO対策の
施せないデザインの優れたメインサイト。

難しいようで、やってみれば簡単なことである。

このブログで示したようにSEO対策を施し、
本ブログのようなブログを作ればいいのである。
この長い文章が、読み手には疲れるが情報量としては、優良サイトである。
Googleエンジン検索ロボット好みのブログである。

その場合の無料ブログサービスの選択方法は・・・
ブログサイトはどこのブログサイトさんの
ブログを参考にして欲しい。

お時間があるのなら・・・?YahooかGoogleのブログを投函し、
それらと同じ記事で、無料サイト2サイトと楽天あたりのポータルサイトが
充実したブログサービスのブログを制作投函することをお勧めします。

ただ、このエキサイトも当サイトの結果によると・・・それなりに効果は出ている。
NINJYAなどは、Google検索エンジンのサイトマップに登録できる
サービスも行われている。

ブログは、毎日更新できるWEBサイト(HP)である。
また、無料ブログもトラックバック・ピング送信のセレクトなどが選択できる
サービスもある。
ただ、無料サイトで多くのピング送信を送るのは、問題が多いい。

ブログのことは、ピング送信サービスに無料登録し堅実なアドバイス・メルマガによる情報提供を
受けることをお勧めする。

また、YahooメルマガもYahoo検索で上位取得が可能である。
これは、相互リンクあてからすれば、優良サイトとのリンクである。

極論を言ってしまえば、なんらかの情報提供を訪問者に与えないと
WEBサイト自体の価値がない。
もちろん、私も専門的な商売のネタは提供しない。

但し、最近のアルゴリズムは、極端に変化している。詳しくはこちらのバックナンバーで記載YahooとGoogleの検索傾向。

あとは、ブログサイトはどこのブログサイトさんのブログを参考にして欲しい!

4・5は次回にご説明させていただきます。




[PR]
by ais2008 | 2008-04-10 16:00 | SEO対策

WEB製作者にSEO対策・・・!

WEBのSEO対策です。
色々な情報商材やサービス会社があります。

でも、個人の方が・・・自分で出来る範囲で・・・
情報提供してます。

キーワードは、また第2弾・・・この次に・・・!


今回はFTPとサーバーについて・・・?
FTPで送信するときは
FILESは写真・htlmとフォルダーは区別してください。

検索ロボットが検索しやすくなります。


Google検索では、SITEMAPを送信してください。

作り方は、無料ツールで作って送信。
こちちらで>>>>

フラッシュは、検索ロボットは無視します。

あくまでも、メタタグとWEEBないのキーワードの
整合性です。

Yahoo!では、カテゴリに入れれば、無料ツールでも
上位に入れます。(Yahooの無料HP)


リンクは、ブログとのリンクが多少有効です。
その時は、当然キーワードの整合性が必要です。


ディレクトリーは海外のディレクトリが
SEO対策には有効です。


Yahooは、毎日登録してください。
これだけで、順位があがります。

もちろん、カテゴリ登録してなくてもOKです。

詳しくは、こちらから>>

変な会社のリンクは効果ありません。
相互リンクのキーワードが整合してること・・・!


サーバーは、スピードの速い会社のレンタル2G以上が
効果的です。


月付き2,000円以上は、必要です。
しかし、1Gでも4位まで・・・Gooleでは、上がりました。

それもFC2の無料レンタルサーバーで
サーバーリストはこちらから>>>


デザインを無視すれば・・・検索上位は簡単です。

そこからLINKするのがBETTERです。




Excite Bit 投稿コネタ 最新お題投稿!
[PR]
by ais2008 | 2008-03-14 21:24 | SEO対策

キーワードの大切さ・・・!

このサイトの無料ツールで・・・キーワードの設定を

検討されるといい。

WEB SEO SOLUTIONS FREE
まずは、無料ツールを使って欲しい。
こちらから>>>>

しかし、WEBの中に如何にキーワードが、メタタグ以外に

どのように仕掛けられているかが、大きな鍵である。


Yahoo Japanのようにカテゴリをセットてしてる場合は、

そのカテゴリに合ったキーワードが必要だ。


有料ツールだが月額1900円程度でSEO対策ツールが使える。

WEBでSEOが最大の問題である。
WEB クリーエターのために
こちらから>>>>>

そして、アフィリエイトの考え方は・・・
・・・・このブログに記載されている。
こちらから>>>>>>

発行記念にお得な情報!
これらのアフリエイト手法は、無料購読メルマガ
こちらから>>>>>>




[PR]
by ais2008 | 2008-03-09 17:53 | WEB

ブログのSEO対策とWEBのSEO対策・・・!

SEO対策ではまずキーワードの選定が重要である。

そのキーワードとHP内の文章が重複することが必要。

無料キワードを使う
お試しください>>>>>


しかし、ビギナーが人気キーワードを個人事業で検索順位を上げたかったら

プロに依頼してSEO対策をしたいのであれば…スポンサーサードにした方が効率はいい。

それでも自分でSEO対策をしたいのなら…これをお勧めする。

無料キワード&メタタグ設定>>>>>>


ここからの作業で、ヤフーとグーグルとは少し異なる。

ヤフーは、HP内の強調文字を優先する。

そして、商用の場合いは、カテゴリの登録がある。


ここで、どうなるか分からないのにディレクトリーを登録しなければならない。

それなら、まずそれを無視して、商用HPでもカテゴリに登録する。(まず、難しい)


しかし、ヤフーの登録は可能だ。

HPのフォルダーもHTMLとPICTUREのフォルダーを区別する。

これはグーグルも同様の効果を発揮する。

このサイトから出来るだけ毎日行う。
>>>>>>>>>>>>>>>>


ここからロボット登録をする。できるだけ毎日する。


キーワードなのだが・・・人気のキーワードは、競合が高い。

人気のキーワードに掛けるか・・・?挑戦するかを決める。

後者を選択した人には・・・更にやらなければならないことがある。

被リンクである。


SEOでカテゴリの異なるリンクは効力がない。

でも、ブログはSEOはいい。もちろん数日である。

自分ブログを作り自分で相互リンクをさせれる。


ヤフーのカテゴリにパスできるヤフーの無料HPを作るのはいい。

商用でない情報提供型のHPを1pでもいいからつくる。


例えば、コンタクトレンズを売りたかったら

コンタクトレンズの情報サイトを作る。

そこから販売リンクにつなげる。


これの方が検索順位が上がる。


そこからリンクする方法がある。

同じ文章のキーワドを連呼したブログをいくつ作ってもいい。


私はこれらの方法でヤフーで1位になったこともある。

現在も検索上位に表示されるサイトは数ある。

もちろんHPの作り方にもよる。


次回はもう少し突っ込んで説明する。

このツールだったら買っても損はない・・・!




[PR]
by ais2008 | 2008-03-09 17:31


SEO対策・・・・・・・・・??
カテゴリ
全体
SEO対策
WEB
ブログ
グーグル
アフィリエイト
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
LINK
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧